感謝の歌声

シンガポール


感謝の歌声


ここシンガポールは4月7日から、サーキットブレーカーという生活必需のこと以外は全くできない状態です。多くの規制があり取り締まりも厳しく、罰金や禁固刑にまでに及びます。

5月4日までの予定だった学校や大部分の職場の閉鎖措置ですが、6月1日まで延長することが決まりました。ややフラストレーションが溜まった頃に、政府は「最前線でコロナ対応に従事している人たちに届ける、感謝の歌声を」というイベントを行いました。

7時55分に全TV局はシンガポールの歌手の歌を流しました。終わるころには多くの国民がベランダに出て、歌を歌う人、手を叩く人、携帯のライトを振る人の多さには鳥肌が立つほどの感動がありました。この団結力で、この問題も乗り切れると思います。

この記事が読まれている頃には、新型コロナの騒動は治まっていることを願うばかりです。


(パリミキ シンガポール  古賀 茂樹)