新たな元号と、新たなスタート

250tikyu03.jpg
ジュエル店 


シンガポールでは、天皇が退位されることも、今年に入ったころから少しずつ報道されていました。しかし、日本の時事通信などの情報を、そのまま訳しての報道でした。特にシンガポールからのメッセージはありませんでしたが、4月30日の退位と5月1日の即位の儀にマダム ハリマ大統領とリー シェロン首相から、深い敬意と感謝、今後の両国間との関係を深く続けるために緊密な協力をするなどの正式なメッセージがありました。その後の報道も、日本の情報をそのまま訳しての報道でした。

実際に、今回の即位のことをスタッフに聞いてみても、あまり知らないのが現状でした。元号についても聞いてみると、ほぼ知らないという返事です。シンガポールは建国して今年で54年目と歴史も浅く、元号の考えがありません。普段から西暦を中心に使っていることから、元号について説明をして理解して貰っても、実感が湧かないのがシンガポールでの現実です。逆に何故、あんなに日本は盛り上がっているのだろうと思っているのかも知れません。

 
新店舗ジュエル

日本での報道が盛り上がっていた時に、シンガポールでは過去にない、新しいショッピングモールが誕生しました。シンガポールの空港に直結したモールで、各ターミナルからアクセスができ、24時間前からのチェックインも可能で、荷物を持たず、時間も気にせずにゆっくりと買い物ができます。最大の見所は、モール内の緑に囲まれたガラス張りの天井から流れる人工滝です。過去にないその滝はニュースでも話題になっていて、昼間と夜とでは違う見え方をしており、言葉を失う事と思います。
モール内にはパリミキのエンターテイメント店舗も同時オープン致しました。シンガポールにお越しの際はお立ち寄りください。

250tikyu04.jpg
エリートミセスシンガポールのジュエル店来店
右が筆者



パリミキ シンガポール 古賀 茂樹