MLB 日本人選手の活躍と現地ファンの反応

246tikyu01.jpg
シアトル・マリナーズ 本拠地「Safeco Field」


MLB 日本人選手の活躍と現地ファンの反応


パリミキ シアトル 井上 正義



4人のパイオニア

 ひと昔前から見ると、近年MLBでの日本人選手の活躍が当たり前になってきている。1964年の村上選手(投手)が日本人初のメジャーリーガーであるが、その後1995年に野茂選手(投手)がメジャーにデビューするまで約30年間空白であった。このような状況から野茂選手はNPB日本野球界のメジャー挑戦のパイオニア的存在と認識されている。

 それ以降2017年を除いて、毎年日本人選手がメジャーに渡ってプレーしている。今までの投手と野手の内訳を見てみると投手41名、野手(捕手含む)14名と圧倒的に野手に比べて投手の比率が高い。2001年野手として初めての日本人選手として、メジャーにデビューしたのがイチロー選手(外野手)である。そして2018年の今年、日本でも投手と打者を共に本格的にすることから、注目されている二刀流の大谷選手のメジャーデビューである。この4名はまさしく日本人野球選手にとってメジャーリーグで挑戦するそれぞれの分野でのパイオニアである。

 2012年7月イチロー選手がマリナーズからヤンキースにトレードとなり、今年、約6年ぶりに古巣のシアトル・マリナーズに戻ってきた。イチロー選手にとってシアトル・マリナーズは日本からメジャーに移籍しての最初の球団。在籍10年で数々の偉業を成し遂げた所属球団であり、その偉業の数以上にシアトルをはじめ全米・日本のベースボールファンを熱狂させたことは言うまでもない。MLB移籍後2001年から2010年までの10年間連続のシーズン200本安打はギネス世界新記録である。

246tikyu03.jpg


本場のベースボール

 私は1995年日本でも話題になった当時、近鉄の野茂選手(30年ぶり日本人2人目のメジャーリーガー)がロサンゼルス・ドジャースと契約した同年にシンガポールに転勤となり、2018年の今年マリナーズのホーム球場があるシアトルに赴任になった。小学生の時から高校生まで野球に打ち込んでいた私にとって、本場のベースボールが観戦できることが今回の転勤の一番の楽しみであったかもしれない。
 
 私の赴任後、イチロー選手がマリナーズに復帰すると報道があり、観戦できる日を楽しみにしていた。私の上司である曽我部さんからマリナーズと、現在全米を賑わしている大谷選手の所属するエンゼルスとの対戦のチケットをプレゼントしていただいたのだが、観戦日の1日前にイチロー選手が会長付特別アドバイザーに就任(今シーズンは選手としてプレーしない)すると会見があり、残念ながらイチロー選手のプレーを実際に見ることができなかった。観戦日にICHIROのユニフォームを着て観戦しているファンの方を多く見かけ、私同様イチロー選手のプレーをまだまだ見たいと感じているファンが多くいると感じた。
 
 この試合は、前半は投手戦であったが6回以降シーソーゲームで延長戦になり、11回裏にマリナーズが2点を取り8-9の逆転勝ちという大熱戦であった。大谷選手も翌日の先発が発表されていたため、前日は完全休養ということもありDH(指名打者)での出場もなく、今回は見られず残念であったが、試合は最高の内容で満足して観戦させていただいた。


期待の二刀流選手

 二刀流の大谷選手のメジャーでの活躍は、日本のメディアでも連日その活躍が大々的に報道されているので、多くの方もよくご存知であると思う。オープン戦の状態をみて心配された方も多いかもしれないが、開幕すると投手として2戦連続勝利、打者としては3試合連続のホームランという投打に渡る活躍で衝撃的なメジャーデビューを果たした。

 ベーブ・ルース(在籍期間1914~1935年)以来の二刀流のこの衝撃的な成績と、大谷選手の笑顔や振る舞いに全米でも好感を持つ人が多い。その影響もあり、現時点でホームゲームの総入場観客数、1試合平均入場観客数はアメリカンリーグではエンゼルスが首位である。チーム(エンゼルス)成績に与える大谷効果も絶大で、大谷選手の投打先発の試合では勝率が7割、出場のない試合では4割6分である。エンゼルスのアメリカンリーグ西地区では勝率はトップである。(2018年5月16日現在)

 今後の大谷選手の更なる活躍に多くのベースボールファンが注目している。今後、ホームゲームに限らず全米において二刀流の大谷選手を一目見ようと球場に足を運ぶ人々が増えるであろう。まだ23歳とこれからの成長も大いに期待される。イチロー選手が17年かけてメジャーリーグで素晴らしい記録を刻んだように、大谷選手にも期待が集まるが、大きな故障をせずに頑張って貰いたい。


246tikyu02.jpg