古き良きものは巡り、新しきものに

Hara.jpgのサムネール画像
パリミキ・ハワイ アラモアナ店 オプトメトリスト(検眼医)
Jann Hara(ジャン・ハラ)
 
 この世の全ての物事にはサイクルがあって、かつて新しかったことは古くなり、古いことは巡ってさらに新しいものとなる。この原理は、現代の生活が古代ハワイの文化的価値の基本に戻ってきていることにおいてもはっきりと見てとれる。
 古代において、労働者や農民は環境を破壊しない持続可能な農業を育てるため土地を耕した。農民は山から海にかけて一つの独立した土地の分け方をして、高台に果物を育て、タロイモを低い土地に育て、ロカイアと呼ばれた魚の養殖場に豊富な栄養分が流れ込むようにしていた。
 しかし、外部からの島の発見によって、すぐにこの調和のとれた農業様式は変えられてしまった。かつてハワイに豊富に自生していた白檀という木はあまりにも好まれ伐採された。そのため激減し、今では野生のものはほとんど見つけることができない。環境を破壊するやり方のヨーロッパや北米の農業様式がハワイに持ち込まれた。白檀は切り倒され、土地には大きな傷跡が残され、サトウキビやパイナップルがたくさん植えられ収穫されて、石油系肥料の使用で生産性を高め収益を伸ばした。
 ハワイは土地に根差した農業が再生し、持続可能なオーガニック栽培の実践を発展させ盛り上げることにおいて最先端に立っている。
 海洋もまたこのサイクルによって恩恵を受けてきた。古代のハワイアンは海を敬い、必要な分だけ捕るだけだった。カプ、という禁止令が制定され、一年のうちのどの魚を取るか決め、魚の繁殖を確かなものにして持続的に捕れるようにしていた。古代から時は経ち、人々が向う見ずに必要な量だけではなく捕り放題に捕り続けた結果、この貪欲さが、ハワイの沿岸ではもはや魚釣りを楽しむことも漁で生計を立てることもできないレベルにまで漁獲量を激減させてしまった。この漁業を持続不可能にしてしまったモデルをしっかり受け止め、ハワイ州国土自然資源省は、古代ハワイアンからヒントを得て、沿岸の海洋生態系を守るべく漁獲エリアを規制した。今は、古代ハワイアンのように最小限の量の魚を限定して捕ることを実践しているのである。
 古代ハワイアンの古の農業、漁業の慣習が、ゆっくりと世界に認識されつつある。単一作物栽培は、私達の健康にも、その土地の健康にも良くないこととして認識されてきた。カプのような漁獲制限が世界的に広がり、漁獲量の激減を再び取り戻し、持続可能にする希望となっている。私達の健康は、その土地の健康と切っても切れない密接な関係があることを現代のハワイは再発見し、世界もそれを認識して来た。大地の生命は正義によって保持される...このハワイのモットーのように。



WHAT'S OLD IS NEW AGAIN

Some say that the Universe runs in cyclic terms; what was once new becomes old, and what is old becomes new again.  This truth can be seen in the modern way of living reverting back to the basic cultural values of old Hawai'i. 

In ancient times the mahi'ai, or farmer worked with the land to foster sustainable agriculture.  The mahi'ai would work a pie shaped piece of land from the mountains to the sea, growing fruits in the higher elevations, taro in the lower lands and diverting nutrient rich runoff to fish ponds called loko i'a.  The discovery of the islands by outsiders immediately changed this harmonious relationship.  Ravenous appetites for Sandalwood depleted the once abundant tree and now Sandalwood, a plant that was so prolific in Hawai'i is rarely found in the wild.  The path away from sustainability continued throughout the European and North American agricultural practices brought to Hawai'i.  After sandalwood, large tracts of land were scarred by the planting and harvesting of sugarcane and pineapples and the use of petroleum based fertilizers to increase yield and productivity.  Today however, a reemergence of land-based farming is making a comeback and Hawai'i is in the forefront in developing and fostering sustainable organic practices. 

The ocean too has benefitted from this cycle.  Ancient Hawaiians respected the sea and harvested what was needed and nothing more.  Kapu, or prohibition, was enacted on harvesting certain fish during certain times of the year to ensure the propagation and continual availability of the fish.  There was a time between the ancients and now when harvesting from the ocean was done with reckless abandon and everyone took not only what they needed, but what they could get.  This greed depleted the stocks of fish to a point where inshore fishing in Hawai'i was no longer a viable form or recreation or sustenance.  Recognizing the unsustainability of this model, the Department of Land and Natural Resources for the State of Hawaii took their cue from the ancient Hawaiians and instituted Kapu on certain fishing areas to ensure the health and viability of the inshore sea life.  Minimum size requirements and fish limits like those of ancient Hawaii are now practiced in modern times. 

The ancient agricultural and aquacultural practices of old Hawai'i is slowly being recognized by the rest of the world.  Monocultural farming practices is now recognized as being detrimental to both our health and the health of the land.  Worldwide fishing restrictions like the Kapu are placed with the hopes of reinvigorating declining fish stocks and promoting sustainability.  Modern Hawai'i has rediscovered and the world has recognized that our health is inextricably linked to the health of the land.  Ua Mau ke Ea o ka Aina i ka Pono.  The life of the land is perpetuated in its righteousness.