安定した生活を保障

denuel.jpg
パリミキ・シンガポール
ダニエル・ナイ(Denuel Nai)

 シンガポールでは、生活水準の向上とそれを維持するための生活費の上昇指数は、国民や政府にとって大きな関心であり心配ごとでもあります。住宅、医療、教育、退職で、実際これらの基礎資金を提供するCPF制度がなければ、さらに大きな心配になります。CPFは自由に使える現金を少なくしているようにも考えられますが、将来、不測の事態にも対処できるよい政策です。収入の低い高いに関わらず、人々が恩恵を受けられると、私は信じております。
 例えば、あなたが住宅を購入する時に、CPF予算内であれば、分割支払いの現金を用立てる必要がないことを想像してみてください。子どもの専門学校、大学の教育費も、銀行にローンを申請し、承諾をもらうための交渉をする必要がなくCPFで支払うことができます。病気や事故などの緊急の治療費に関しても、支払いをそれほど心配する必要がありません。また、CPFの口座に決められた以上の積立がある場合には、退職後の生活費のために、余剰金を毎年2.5%の金利で投資することもできます。
 CPFの制度は、現在そして将来の生活の安全を保証する、とても重要で必要な制度であると確信しています。