一文を惜しんで百両を失う

ハワイ パリミキ アラモアナ店 オプトメトリスト(検眼医) Jann Hara(ジャン・ハラ)

ヘルスケア  ~健康管理~

 2010年度、アメリカ合衆国は医療部門に2.6兆ドル近い額を歳出した。そう、まさに2.6"兆"である。そのおよそ3分の1、一番大きな割合を占めるのが入院介護費となっており8060億ドル近い支出となっている。小売薬剤の支出2060億ドルと入院治療、処方箋薬の支出をあわせると1兆ドルを超える歳出となるのである。

 The Centers for Disease Control and Prevention(疾病管理予防センター)によると心臓病、卒中、癌や糖尿病といった深刻な慢性疾患が10件中7件の死亡原因となっており、その疾患に対する治療は医療費歳出全体の75パーセントにあたる。これらの疾患の発生率が高いことは人口の高齢化によるものと説明できるが、困った傾向としてかつて高齢者しか罹ることのなかった病気が子供にも発生している事が挙げられる。

 合衆国における健康管理危機は、要約すると予防医学よりむしろ疾病発生後の対処療法に頼ってきたといえる。治療ではなく緩和する事ばかりで、未病の段階で的確に察知し対処する事が十分なされていない。保険料が高いので多くの人が医療保険に加入し続ける事が出来ていない。医療保険に入っていなければ早い段階での治療ができないというわけではないが、保険のない治療費は高額過ぎて経済的に非現実的だ。多くの人がちょっとおかしいなと思っても時期によくなるだろう、長引く咳もただの季節性のアレルギーだろうなどと希望的観測をしている。命の危険にさらされない限り具合の悪い人でも治療を受けようとしない。あまりにも遅くなってから入院治療しか方法がなくなり、とても過酷な治療を受けることになる。緊急治療が必要なくらい悪化してしまう前に初期の段階で早期発見、治療を受けていれば、国の何十億ドルものお金が節約できるというのに。

 予防医学の考え方ではなく対処的な緩和療法がメインになっているということは、子供たちの肥満が大きな問題になっていることへの対処法をみればよい。子供たちの肥満はまるで伝染病レベルで広がっており、2歳の幼児から19歳の青少年の17パーセントが肥満である。子供時代の肥満は以前には稀であった心臓病、1型若年性糖尿病、そして2型若年性糖尿病(この病気は大人の生活習慣に起因しているとされていた)に関する問題を伴っている。スポーツ・体育教育の国際協会の報告によると、合衆国の学校の1校あたりの年間体育教育費の予算の平均額はたったの764ドルである。学校が予算の帳尻を合わせるためカリキュラムを削るとなると、大体は真っ先に体育の授業が削られてしまうことになる。
 このアプローチで問題なのは最も子供たちが感受性の強い、一番健康的な生活習慣を身につけやすいこの時期に、健康的な運動習慣を身につけることがもはやできないということである。私たちはもっと大きな問題を抱えることになるとは気がつかず、長期にわたる財政的危機から身を守ろうとして目先の問題にとらわれている。私たちはすでに過度の負担になった健康管理制度を凌駕するくらい、健康を損なう問題の高い危険性にさらされた世代を生み出しているのである。

 解決策は理論上では簡単でも実行するのは難しい。なぜなら集団が共有している考え方を変えなければいけないし、長期の恩恵を最大に得るため目先の利益をやり過ごして行かなくてはならないのだから。まず私たちは子供たちの肥満の増加対策に本腰をいれなくてはならない。
 16オンス(約480ml)以上の大きさの容器では砂糖飲料水のセールスを禁止するニューヨークシティのように追加の法律を定めたりするだけではなく、社会全体で健康的な食生活についての教育に取り組まなければならない。自分の健康や幸福に個人的に責任を持つことによって、子供たちの肥満の問題に取り組んでいかなくてはならないのだ。政策者たちは教育予算の帳尻をあわすために環境の影響を受けやすい生徒たちの体育のカリキュラムを削ることは逆効果であるだけでなく、将来壊れかかった今の健康管理制度も邪魔をして大きな健康問題を引き起こすことになるということを認識しなくてはならない。

 健康と健康的なライフスタイルを子供たちに徐々に教え込まなくていけない。そのような習慣が深くしみ込んで彼らの人生の一部になっていくようにするために。子供たちの肥満の問題に取り組むことに加えて、私たちが現在享受している成り行き次第の姿勢を改めて、初期段階で治療を受けることを確実にしていかなくてはならない。咳が肺炎につながったり、傷が壊疽を起こしたりして入院したら途方もない治療費がかかってしまう。その前にちょっとおかしい咳や、ふさがらない傷の早期の治療は経済的に見ても倹約で分別のあることだ。

 私たちの「一文を惜しんで百両を失う」傾向を改めて、私たちの子供たちの未来の健康のために今投資をしなくてはならない。そして今悩んでいる症状はすぐ治して将来もっと大きな負担にならないようにしていくことが大切である。


《原文》

HEALTH CARE
PENNY WISE AND POUND FOOLISH

In 2010 the United States spent nearly $2.6 trillion in health expenditures.  Yes, that's TRILLION with a "T".  The largest portion, consuming nearly one third of the $2.6 trillion is hospital care with 31% or $806 billion.  Retail pharmaceuticals consume $206 billion bringing the cost for hospital care and prescription drugs to over $1 trillion.  According to the Centers for Disease Control and Prevention, chronic diseases such as heart disease, stroke, cancer and diabetes cause 7 in 10 deaths and account for about 75% of the total spent of medical care.  The high incidence of degenerative diseases can be partially accounted for by the increase in our ageing population.  However, a troubling trend is building in which children are evidencing diseases once only attributed to the older population. 

The health care crisis in the United States can be boiled down to its reliance on palliative care rather than preventative medicine.  We focus too much on relieving without curing and not enough on proactively avoiding the problems in the first place.  The high cost of insurance premiums prevent many from maintaining medical insurance and without medical insurance it is financially impractical, if not impossible to seek medical care during the early phase of a medical issue.  Many hope that the mysterious lump will go away, or the persistent cough is merely a seasonal allergy.  Only when the issue becomes life threatening does the sick individual seek medical attention.  Often it is too late and the only treatment is hospitalization and full invasive treatment.  Billions of dollars could be saved by early detection and treatment of relatively minor illnesses before they become full blown medical emergencies. 

A prime example of our palliative rather than preventative mentality is how we address the growing problem of childhood obesity.  Childhood obesity is near epidemic levels with 17% of children and adolescents aged 2-19 suffering from obesity.  With childhood obesity come the attendant health issues such as heart disease, Type 1 juvenile diabetes and more concerning, Type 2 (formerly known as adult-onset diabetes) previously considered rare in children.  We focus on treating juvenile diabetes rather than on concentrating on preventing the obesity problem in the first place.  The National Association for Sport and Physical Education reports that the median physical education budget for schools in the United States is only $764 per year.  When schools chose to cut programs to help balance its budget, physical education programs are usually the first to go.  The problem with this approach is students are no longer developing good physical health habits at an age when they are most impressionable and more likely to adopt healthy habits.  We try to solve a short term problem with methods that ensure a long term, more fiscally expensive crisis.  We are creating a generation of individuals at high risk for debilitating health problems which will overwhelm our already overburdened health care system.

The solution is easy in theory yet difficult to implement because we not only have to shift our collective mindset but we also have to forego immediate gains in order to realize long term benefits.  First we must address the childhood obesity epidemic.  Not through additional laws like that of New York City which bans the sale of sugar sweetened drinks in cups larger than 16 ounces but through educating the public about healthy eating and by taking personal responsibility for our own health and wellbeing.  Policy makers must recognize that cutting physical education programs in order to balance the educational budget is not only counterproductive, since a healthy student is a more responsive student, but leads to future health problems which will encumber our failing health care system.  Health and healthy lifestyles must be instilled in children so that these habits become ingrained and a part of the rest of their lives.  In addition to addressing childhood obesity we must make early phase medical treatment a reliable alternative to the 'wait and see' attitude we currently embrace.  Early treatment of a suspicious cough or an open wound should be financially prudent before the cough turns to pneumonia or the wound gangrenous which will result in exorbitant hospital fees to treat.  Our 'penny wise and pound foolish' attitude must change and we must invest in our children's future health today and cure what ails us now so as not to become a medical burden in the future.

Hara.jpg